撮影会における新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルス対策のため、参加されるカメラマンの皆様には以下の対応をお願いいたします。

    1. マスクの着用(必須)
      ※予備マスクは用意しますが、数に限りがありますので、必ずご持参ください。
    2. 受付での体温測定、問診の実施
      受付にて体温測定、問診を行ってから撮影会の参加手続きを行ってください。
      問診の結果、発熱(目安として37.5度以上)や体調不良と判断された方は、参加をお断りいたします。
    3. ソーシャルディスタンスの実施
      ・撮影は5組ずつ離れた場所で実施します(柴又帝釈天撮影会と同様の方式)。
      ・一つの囲みの混雑緩和にご協力ください。なるべく一人のモデルに固執しないようにしてください。
      ・人気モデルは順撮りになる場合があります。この場合はスタッフの指示に従い撮影してください。
      ・モデルとの距離は3m以上の間を取り、3m以内には近づかないでください。(モデルとの距離が3mの場合(35mm換算)85mmレンズでおおよそウエスト~バストアップ程度になります)
      ・広角レンズ等での至近距離撮影は禁止します。
      ・撮影待機中や休憩時間は密集を避けてください。
      ・飛沫感染防止の観点から、会話は控えてください。
      ・モデルへの贈呈写真や差し入れは受付にお渡しください。休憩中や撮影後にモデルへ直接手渡しする事は、当面の間、禁止致します。
      ・撮影会終了後は速やかにご帰宅ください。
    4. その他、スタッフの指示に従って行動してください。